妊活中は生活を見直す機会となりました。


年齢は高齢に近づいているとはいえ、意外とすぐに子供を授かると思っていたのですが、やはりなかなかすぐにとはいきませんでした。

女性と生まれてはどうしても子供を育てたいという思いから、妊活をはじめることにしました。まずは自分の生活を見直しているうちに気づくのが、仕事場でのストレスの多さです。

これはやはりよくないのではということで夫と相談して、妊活のために少しストレスが少ないところで働くことに決めました。これだけがすべてではなかったと思うのですが、ストレスを抱えることで暴飲暴食にはしってしまう傾向があったので、生活習慣を見直すよい機会でした。

食事の見直しと運動を初めました。

考えることに余裕を持てるようになってきてから、妊活に必要な食事はなんであるのかを見始めました。

葉酸が大切であることがほとんどの記事で書かれていたので、スーパーなどで売っている葉酸と書かれている牛乳を使い始めたり、今まで料理をする時間があまりありませんでしたが、野菜を多く使い始め、自分だけではなく夫にもよい影響がでてよかったです。

妊活には食事の内容も大切ですが、運動をすることも重要なポイントであると思い、夜に一人では怖いので、夫と一緒にウォーキングを始めました。これが意外と夫婦のしゃべる時間となり久しぶりに新鮮に感じ妊活してよかったと思える時でした。

また、妊活サプリ ランキングでは、妊活に必要な成分を食事では補えないことにも気づいて、とても参考にしていました。

マカやザクロ、ルイボスなども妊娠しやすい体を作るためにはいいみたいですね。

妊活は何かを学べる機会でもありました。

妊活を通して、今までの生活習慣を見直したり、夫の健康のためにも考える機会が増え、また夫婦の時間も増えたこともあり、仲良くする機会が増えました。正直生活習慣を変えただけで、全く効果のなかったという人もいます。

子供を授かるのに、何が一番よかったのかは分からないのですが、妊活を通して認識が変わったのは本当に自分にとって良かったと思えます。

結局私の場合は、半年後に待望の妊娠が発覚してすごくうれしかったです。夫婦ともに喜びを分かち合い、その後もつわりなどで大変でしたが夫もとても協力的に動いてくれて、感謝です。妊活を通して夫婦の時間の大切さを教えられた時でもあったと思います。

妊活におすすめの栄養素・成分は?どんなものがある?


妊活に必要な成分の中で、脂溶性ビタミンに分類される種類ではビタミンEが代表的です。
血液をサラサラにする性質がある一方で、抗酸化作用を発揮する特徴もある成分です。

ビタミンEが多く含まれている食べ物は、豊富な脂質を含む食品で、代表的なものにはオリーブオイルやヒマワリ油があります。

間食としてアーモンドやクルミなどのナッツ類を食べる場合でも、ビタミンEの摂取量を増やすことができます。

亜鉛は非常に多くの数の酵素をサポートするミネラルで、妊活中にも意識的に摂取する必要があります。

不足させると、核酸やタンパク質の合成にも悪影響を与えることがあるため、効率よく摂取していきましょう。
亜鉛が特に多く含まれているには、牡蠣やシジミなどの海産物です。

さらには、ゴマやナッツ類にもバランス良く含まれていますので、ビタミンEと一緒に摂取すると合理的です。

妊活にとって最重要とも言える成分は、水溶性ビタミンの一種に分類される葉酸です。

葉酸が不足すると、生まれてくる子供に悪影響が出ることが分かっているため、妊活中の目標摂取量は一般人よりも多くなっています。

葉酸は鶏や牛などのレバーには特に多く含まれていますが、意識的に摂取しようと考えていても不足しやすい栄養素です。
そのため、目標摂取量を確保するために、葉酸サプリも上手に活用してみてください。

葉酸には造血成分としての役割もありますから、鉄分も一緒に摂るとバランスが良くなります。
鉄の中でも動物性に分類されるヘム鉄を肉類や魚類から摂取すると、丈夫な血液を供給できるようになります。

鉄分もレバーに多く含まれていますから、妊活中にレバニラ炒めを食べることは理にかなっています。

タンパク質は三大栄養素の一つで、誰にとっても必須になる栄養素ですが、妊活中にも不足させると困ったことになります。
筋肉や内臓を作るために働くため、十分な量を食べることによって、妊活中に必要な体力も養うことができます。

葉酸サプリを飲んで元気な赤ちゃんを産みましょう!


妊婦さんが「葉酸サプリ」を飲むことを推奨されているのには理由があります。

妊娠中はたんぱく質、資質、ビタミン類、ミネラル類などの栄養を豊富に取らねばなりません。

その中でも特に大事なのが、ビタミン類である「葉酸」です。
妊娠初期の妊婦は、1日に葉酸を400μg摂取することが推奨されています。

葉酸は血液となる赤血球を作り、細胞分裂を促したり細胞の発育を促進させる大事な栄養素です。
葉酸はほうれん草などに沢山含まれていますが、いくら沢山食べても、葉酸はなかなか摂取できないものです。

そこで葉酸サプリを飲んで、栄養を補うようにしましょう。

食事よりもお手軽!葉酸サプリを飲むとメリットがたくさん!

妊婦が1日に必要な量の葉酸400μgを摂取するには、ほうれん草で換算すると7束も食べねばなりませんが、葉酸サプリで補うと4~5粒飲み込むだけで手軽に補給できます。

その他、葉酸サプリには葉酸だけでなく、妊娠中に欠乏しがちな鉄分、ビタミン、ミネラルが含まれているため、それらの栄養素も葉酸と一緒に摂取できるのが大変魅力的なところです。

もしもつわりが酷くて何も食べたくない時でも、葉酸サプリだけでも飲んでおけば、何も食べないよりは安心でしょう。

葉酸サプリは種類が豊富!自分に合った葉酸サプリの選び方とは?

市販の葉酸サプリは種類が豊富で、どれを選べばよいのか迷うものです。

そこで、一つの目安として「ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、鉄分」が葉酸と一緒に含まれているものを選ぶようにしましょう。

ビタミンB6は葉酸と溶け合い、皮膚や粘膜を補強し、つわりを軽減させる効果があります。

ビタミンB12には、葉酸と同じくヘモグロビンを増幅させ貧血を予防し、DNA合成を促す働きをします。
そしてビタミンCは葉酸の働きを活性化させ、水素をくっつけて葉酸をより体内に吸収しやすくさせます。

このように葉酸の働きを助ける成分が含まれた葉酸サプリを選べば、効果がより上がるでしょう。

卵子を元気にするミトコンドリアって?

不妊で悩んでいる方が、妊活をしていく中でミトコンドリアを増やせばよいという情報を聞くことがあるでしょう。

ミトコンドリアが卵子を元気にさせるということが理由なのですが、しかしながら、ミトコンドリアというのはどのようなものかを理解してなければ増やすことができません。

中学や高校の授業で習うものですが、細胞の中にある小器官の一つです。

実は細胞の組織ではなく、はるか古代の時代に人間の祖先となる生物の細胞に入り込み共生したものという説が一般的です。

どのような形でミトコンドリアが人間の細胞にいるにせよ、その働きは人間が生きていくためには欠かせません。

どのような働きをするのかというと、食事や呼吸で体内に吸収された脂肪や糖、酸素を人が生命活動をしていくためのエネルギーに変換してくれるのです。

つまり、歩いたり、呼吸をしたり、物を考えたりすることは、ミトコンドリアなしにはできないのです。
ところがその大事なミトコンドリアも、加齢によって数が減っていき、十分なエネルギーを生み出すことができなくなってしまいます。

そして卵子の成長でもミトコンドリアの力が必要なので、年をとると卵子の質が低下して不妊になりやすいというのは、このことが原因の一つです。

では、どうすれば減ったものを増やすして卵子を元気にすることができるのかというと、地道に出来ることといえば、運動をすることです。

しかも、脂肪を燃焼させてダイエットに良いとされる有酸素運動をすることが、もっともミトコンドリアを活性化させる方法です。

運動をして体の機能を高めていけば、余計な脂肪が落ちてホルモンバランスの乱れも解消できるので、さらに妊娠しやすい体に仕上げることが出来ます。

それから、食事を見直すことも効果的です。

しじみやあさりなどのタウリンを多く食べ物や、豚ニックやレバーなどビタミンB群を多く含む食べ物を摂取すれば増やす事ができます。

どうしても、食事では必要な栄養が足りないというときには、サプリも使ってみるのも良いでしょう。

赤ちゃんの成長に必要不可欠!「葉酸」を手軽にサプリで摂取


最近よく耳にする言葉が「葉酸」。
健康食品売り場やサプリメント売り場で目にした方も多いのではないでしょうか。

現在、葉酸が配合された葉酸サプリは話題になっています。

葉酸とは、妊娠、授乳中のお母さん、妊活中の女性の強い味方の栄養素です。
食事だけでの摂取は難しいので、葉酸サプリメントで補う方が増えています。

特に妊娠初期の栄養素の摂取は、赤ちゃんの成長にとって大変重要です。

葉酸は「ビタミン類」に分類されます。

妊娠初期や、授乳中に不足しがちなビタミン類、葉酸を現在ではサプリで補うことが可能なのです。

葉酸サプリのメリットとは

葉酸サプリの大きなメリットは、赤ちゃんが成長するのに必須である葉酸、ビタミン類が、手軽で簡単に摂取できることです。

この葉酸は水溶性のビタミンなので、調理の過程でとても失われやすいもの。
食事で十分に摂取することはなかなか難しいのです。

特に妊娠初期は、赤ちゃんの成長のため十分な栄養を摂取しなければいけません。
しかし、妊娠初期症状のつわりで十分に栄養を取れないお母さんも多いのです。

そんなときも、葉酸サプリなら十分に栄養が摂取できます。

葉酸サプリの重要な選び方

現在では、葉酸サプリも大変種類豊富に販売されるようになりました。
なので、消費者のお母さんたちもどのサプリがいいのか悩んでしまうほど。

しかし、赤ちゃんにも安全な安心して摂取できるサプリが嬉しいですよね。

添加物を使用していないかも、重要なチェックポイントです。
また、厚生労働省は「モノグルタミン酸型」の葉酸サプリを推奨しています。

サプリ購入前に是非チェックしてみてください。

なかには天然型の酵母葉酸を使用していたり、葉酸の他にもたくさんの栄養素が含まれているサプリもあります。
GMP認定工場での製造だと、よりお母さんも安心して摂取できるのではないでしょうか。

【妊活】夏の妊活はNG!?注意しなければならない身体を冷やす食材とは

結婚をして仕事や私生活で充実した日々を過ごすことは幸せなことです。
また、結婚生活が落ち着いたら、妊活を意識した生活をしてみるのもいいでしょう。

基本的には健康的な生活をしていくことが大切です。
規則正しい生活をすることや適度な運動、ストレスを溜めないように意識して過ごしましょう。

食生活においても栄養バランスのとれた食事をすることも重要なポイントです。
夏時期において妊活を始めたいと考える場合には、身体が冷えないようにすることが大切です。

夏時期は暑いから冷えは特に意識しなくてもいいのではないかと思いがちですが、エアコンを稼動させている室内で過ごす時間が多い場合や食生活で身体が冷えやすい食材を使用した食事をすることで、身体を冷やす原因になることがあります。

身体を冷やす夏の旬の食材としてはトマトやきゅうり、ナスなどの野菜です。
夏になるとスイカを食べる機会も多い傾向がありますが、スイカも身体を冷やす食材といえるでしょう。

家族や親戚が集まった時などは、スイカをいくつかに切りみんなで食べるとおいしくてつい食べ過ぎてしまうこともありますが、できるだけ身体を冷やさないように食べるのを控えるようにしましょう。

身体を冷やす食材をできるだけ使わずに夏の時期を過ごすことが望ましいですが、調理方法などによっては身体を冷やす性質を緩和することも可能です。
トマトの場合には、炒めものにすることや煮込むことで対処しましょう。

きゅうりは味噌をつけたり漬物にしてみるのも有効な手段です。
なすは炒めてみたり、しょうがを薬味として食べることで身体の冷える食材であってもある程度緩和することができます。
スイカも塩をかけて食べるといいでしょう。

夏時期では、気温や湿度が高く汗をかき疲労が溜まりやすい季節です。
ちょっとした油断から夏バテをしてしまうこともあり、熱中症の症状を引き起こすこともあります。

夏場において脱水症状などを起こしてしまう可能性が高いためしっかりと水分と塩分を摂取するように心がけることも必要です。

体調不良や疲労、ストレスなどによっても影響がでてしまうため、身体に必要な栄養を補うことや体調不良にならないように、水分補給を重視して、栄養バランスのとれた食生活を心がけていきましょう。

食べ物以外でも水分を補給するためにかなり冷えた飲み物を多量に飲んでしまうと身体が冷える原因や胃に負担をかけることになります。

水分をとりすぎてしまうことで、胃腸の調子を悪くしてしまい腹痛や下痢などの症状を引き起こしてしまうこともあります。
多量に汗をかいてしまった場合には、不足した水分を補うために水分を摂取することは必要ですが、必要以上に多量の水分を摂取しないように注意しましょう。

胃腸の調子が悪くなることで、食事の際に食欲不振になり食事を満足に食べることができない、必要な栄養を身体に取り込めない状態が続くと、必然的に体力の低下につながり夏バテの症状を引き起こす可能性が高くなります。

結果として妊活をするために体調を整えることが難しくなってしまうため、夏時期においては身体の健康管理をしっかりと行い、水分のとりすぎにならないように自分でしっかりと体調管理をしておきましょう。

アイスやかき氷なども夏の暑い時期になると好んで食べることもあるでしょう。

ですが、これも身体を冷やすことになり食べる量によっては胃腸にとって負担となります。

夏になるとなにげなく飲食をすることであまり意識していないことも多いですが、妊活をする場合にはしっかりと自分の食生活を見直してみることが大切です。

自分では特に問題ないと思っていても、実は身体を冷やしやすい食生活を続けているということもあります。自身の身体の健康のためにも、食生活の状態をチェックして改善していきましょう。

できればアルコールに関しても控えるようにすることが理想的です。

ビールなど飲むと身体の冷えの原因になるため、仕事の付き合いなどで飲み会がある場合には、アルコールの摂取はできるだけ控えるか少量程度に抑えることが重要です。

あまり外に出る習慣がない場合や人付き合いが比較的少ない場合には、それほど問題ではありませんが、外出することが多い、人付き合いを積極的に行っている場合などは飲み会に参加する機会も多くなります。

人間関係を円滑するためには、飲み会なども適度に参加することは大切です。
ですが、そこででるお酒、料理などに関しては自分なりに意識して身体の冷えにつながらないように注文をするようにしましょう。

好きなものを食べたい気持ちを抑え、身体が冷えないような料理を注文すること、お酒も周囲に合わせて飲まずに自分のペースで飲み、少量に抑えることで対策をすることが重要です。

健康を意識しながら、食生活や生活習慣を改善していき身体が冷えないように対策をしていくことに重点をおいて生活が送れるように日々心がけ、妊活を成功させましょう。