妊活におすすめの栄養素・成分は?どんなものがある?


妊活に必要な成分の中で、脂溶性ビタミンに分類される種類ではビタミンEが代表的です。
血液をサラサラにする性質がある一方で、抗酸化作用を発揮する特徴もある成分です。

ビタミンEが多く含まれている食べ物は、豊富な脂質を含む食品で、代表的なものにはオリーブオイルやヒマワリ油があります。

間食としてアーモンドやクルミなどのナッツ類を食べる場合でも、ビタミンEの摂取量を増やすことができます。

亜鉛は非常に多くの数の酵素をサポートするミネラルで、妊活中にも意識的に摂取する必要があります。

不足させると、核酸やタンパク質の合成にも悪影響を与えることがあるため、効率よく摂取していきましょう。
亜鉛が特に多く含まれているには、牡蠣やシジミなどの海産物です。

さらには、ゴマやナッツ類にもバランス良く含まれていますので、ビタミンEと一緒に摂取すると合理的です。

妊活にとって最重要とも言える成分は、水溶性ビタミンの一種に分類される葉酸です。

葉酸が不足すると、生まれてくる子供に悪影響が出ることが分かっているため、妊活中の目標摂取量は一般人よりも多くなっています。

葉酸は鶏や牛などのレバーには特に多く含まれていますが、意識的に摂取しようと考えていても不足しやすい栄養素です。
そのため、目標摂取量を確保するために、葉酸サプリも上手に活用してみてください。

葉酸には造血成分としての役割もありますから、鉄分も一緒に摂るとバランスが良くなります。
鉄の中でも動物性に分類されるヘム鉄を肉類や魚類から摂取すると、丈夫な血液を供給できるようになります。

鉄分もレバーに多く含まれていますから、妊活中にレバニラ炒めを食べることは理にかなっています。

タンパク質は三大栄養素の一つで、誰にとっても必須になる栄養素ですが、妊活中にも不足させると困ったことになります。
筋肉や内臓を作るために働くため、十分な量を食べることによって、妊活中に必要な体力も養うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です